01906_訴訟を提起する側の怒り

訴訟を提起するために、相談者が自身の体験した事実をミエル化・カタチ化・言語化・文書化・フォーマル化するにあたって、

あいつは臭い
あいつはむかつく
あいつはひどいやつだ
あいつは昔悪かった
あいつはこんなせこいやつだ

と、訴状に書くよう弁護士に依頼したとしても、弁護士としては、依頼者の気持ちはわかるが、ストーリーを混線させる要素は、できるだけ取り除く方向で訴状の構築を諫言します。

なぜなら、依頼者のいう、

あいつはこんなせこい
あいつは臭い
あいつはむかつく
あいつはひどいやつだ
あいつは昔悪かった
あいつはこんなせこいやつだ

は、すべてノイズであり、裁判所に心証形成上の負荷をかけるだけだからです。

アナロジーを使って説明を試みますと、裁判所は、食の細い食通ないし評論家であり、不要なものまで配膳すると、星を下げるのです。

ということで、依頼者のいうことは、有害なノイズになるだけであり、裁判官から
「原告は、本人も代理人も、揃いも揃って、裁判というゲームをよくわかっとらんアホだ」という冷ややかな視線を浴びることになります。

弁護士は、さほど自己評価を高めたいという気もなく、お客様(依頼者)が不利を承知で満足されるのであれば、それも仕事としてやりますが、依頼者にとっては、裁判官から見下されるのは、あまりよろしくないのではないだろうか、と思うところです。

著者:弁護士 畑中鐵丸 /著者所属:弁護士法人 畑中鐵丸法律事務所

【本記事をご覧になり、著者・所属法人にご興味をお持ちいただいた方へのメッセージ】
当サイトをご訪問いただいた企業関係者の皆様へ
当サイトをご訪問いただいたメディア関係者の皆様へ
当サイトをご訪問いただいた同業の弁護士の先生方へ

企業法務大百科® 開設・運営:弁護士法人 畑中鐵丸法律事務所

弁護士法人畑中鐵丸法律事務所
弁護士法人畑中鐵丸法律事務所が提供する、企業法務の実務現場のニーズにマッチしたリテラシー・ノウハウ・テンプレート等の総合情報サイトです