01270_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令管理その2

弁理士の主な業務は、一般的に審査・登録を要する知的財産権が成立するまでの代理が主たるものです。 具体的には、企業を代理して特許等の出願書類を作成し、また、特許庁から出願後通知される拒絶理由通知に対応したりする業務がその中核的業務となります。 もちろん、一旦成立した特許が特許庁において無効である旨争われたり、特許拒絶査定...

01269_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令管理その1

知的財産法について全く知らない方のための入門書としては、『産業財産権標準テキスト』(特許庁・工業所有権情報研修館著・発明推進協会)が挙げられます。 このシリーズには「総合編」「特許編」「商標編」「意匠編」の各書籍があり、特に「総合編」は、法学部出身者以外の法務スタッフには最適です。 特許法の基本的構造や仕組みを知るため...

01268_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>>その他の知的財産法

知的財産法としては、半導体集積回路の回路配置に関する法律や種苗法があります。 半導体集積回路の回路配置に関する法律は、一定の手続を経て設定登録された回路配置を、一定期間(設定登録の日から10年)回路配置利用権として保護することを定めた法律です。 特許権等と異なるのは、先願主義を採用しておらず、他人が独自に創作した回路配...

01267_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>特許国際出願関連法規

特許法は属地主義に服しており、特許権の及ぶ範囲は登録国に限定されます。 特許は登録国に限定した保護しか受けられない関係上、海外で製品展開等を行う場合には、進出先での特許出願を行わなければなりません。 外国での特許出願に関する法令として、PCT(特許協力条約)とパリ条約があります。 PCT条約は、1カ所への出願で複数国出...

01266_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>不正競争防止法

不正競争防止法は、「ビジネス版不法行為総則」ともいえるもので、民法定められた不法行為の特別法として、不当な競争行為を類型化し、刑事罰を含む強力な方法で排除しています。 企業の保有する技術、工業デザイン、ブランドやロゴが保護されるのは、特許法・実用新案法・意匠法・商標法による場合だけではありません。 不正競争防止法によっ...

01265_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>著作権法

著作権法とは、思想や感情をユニークな方法で表現したもの(著作物)を保護する法律です。 ここで、著作権法と特許法・実用新案法との違いですが、特許法・実用新案法がアイデアを保護するのに対して、著作権法は表現を保護する点で区別されます。 著作権といえば、一般に本や音楽を印刷・複製して販売する権利のみがイメージされますが、著作...

01264_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>特許権・実用新案権・商標権・意匠権の具体例

携帯電話を例にとって、特許権・実用新案権・商標権・意匠権を具体的に示したのが下記の図です。 運営管理コード:CLBP342TO342 著者:弁護士 畑中鐵丸 /著者所属:弁護士法人 畑中鐵丸法律事務所 【本記事をご覧になり、著者・所属法人にご興味をお持ちいただいた方へのメッセージ】✓当サイトをご訪問いただいた企業関係者...

01263_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>商標法

「商標」とは、企業の提供する商品やサービスに付される目印(文字、図形、記号、立体的形状あるいはこれらのコンビネーション等)、すなわち、いわゆるブランドネームやロゴといわれるものです。 商標権とは、「商標」を一定の手続により権利化したことで得られる、当該「商標」を一定期間独占的に利用できる権利をいいます。 企業が保有する...

01262_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>意匠法

「意匠」とは、見た目に美感を生じるような、物の形状、模様若しくは色彩(これらのコンビネーションを含む)をいいます。 意匠権とは、「意匠」を一定の手続により権利化したことで得られる権利であり、この権利を持つ者は、当該「意匠」を一定期間独占的に利用できます。 なお、電子機器や電子機器搭載製品における画面デザインも「意匠」に...

01261_知的財産法務>知的財産及び情報マネジメント法務。経営資源「チエ」の調達・活用に関する個別法務課題>知的財産法務(フェーズ1)>アセスメント・環境整備フェーズ>法令環境>特許法・実用新案法

「発明」とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの」をいいます。 特許権とは、「発明」をした者が、一定の手続により権利化することで得られるもので、当該「発明」を一定期間独占的に利用できる権利をいいます。 この特許権の権利化の要件・手続と権利化が成功した後の効力等について定めたものが特許法です。 なお、新...